意外と知らない!?ローソク足における正常な陽線と正常な陰線とは何か?<正常シリーズ ローソク足性質編>

高山

ー お知らせ ―

 高山に指導を希望される方は以下の内容に目を通してください。

 又、毎期面談を経て人員は厳選させて頂きます。毎期定員は最大三名とさせて頂いております。

 募集期間中以外の応募はご遠慮ください

― 応募概要・受講内容 ー

 ~ FXスカイプ指導受講概要・応募条件等

― 募集状況 ー

 七期生募集時期は最速2016年一月二週目

― 今回のテーマ ー

 ローソク足における正常な陽線と正常な陰線とは?

             ~ 性質によて扱いは変わる ~

 

関連記事

 ー 正常なトレンドラインの引き方・動かし方・使い方 ー

 CHECK ➡ FX初心者向け!意外と知らないトレンドラインの正しい描き方、使い方 <基本編>

 ― 正常なオシレーターの使い方・波ありきでインジケーターを使うという事 ー

 CHECK ➡ 正しいオシレーター系インジケーターの使い方と注意点

 


 

 

― ローソク足について ー

Candle stick drawing

 ローソク足は一定期間を切り取った独立した情報のブロックです。

 このローソク足から見て取れる情報というのは何が素晴らしいかといえば、

 「 それ以上にも以下でもなく、誰もが言い訳のできない情報を取り出せる 」

 という部分にあると私は思います。これは同じ目線でチャート見るといった事、

 ルール作りにおいてもとても扱い易い情報であると言う事ができます。

 現に私のトレードはほぼルール化しておりますがその中でもローソク足というのは

 非常に重要なウェイトを占めています。

 ローソク足1ブロックから取り出せる情報※

 ・ 四本値(始値・終値・高値・安値)

 ・ 髭から推測される値動き(ブロック単体で見る場合答えは一つに収束する)


 

― 陽線たる陽線・陰線たる陰線 ―

^B1F388B05751C7ED49E6737A79A2BCFA213F8A3057121B72D1^pimgpsh_fullsize_distr作:haneさん

 さて今回ローソク足について取り扱っていく物は陽線・陰線の性質の話になります。

 ここで一つ以下のように陽線と陰線を定義しておきます。

 

  ・それが陽線たる陽線であるのならばローソク足における髭の形成順は

    ➡ 下ヒゲが先で上ヒゲが後となる

  ・それが陰線たる陰線であるのならばローソク足における髭の形成順は

    ➡ 上ヒゲが先で下ヒゲが後となる

 この場合、陽線は陽線として扱われますし陰線は陰線として扱われます。

 逆にそうでなかった場合はどうなるのか?

 

  ・それが陽線に見えるが陰線の性質をもっている場合のヒゲの傾城順は

    ➡ 上ヒゲが先で下ヒゲが後となる

  ・それが陰線に見えるが陽線の性質をもっている場合のヒゲの傾城順は

    ➡ 下ヒゲが先で上ヒゲが後となる

 この場合、陽線は陰線として扱われ陰線は陽線として扱われます。


 

― どのようにヒゲの形成順を確かめれば良いのか ―

    方法としては三つあります。

 1. マルチフレーム形のキャンドルインジケーターを使う 推奨

   download ➡ m-Candles.mq4

 101

  この方法が一番手っ取り早く正確に把握できるのでオススメです。

  例えば一時間足チャートに4時間のマルチキャンドルを表示させれば四時間を

  四分割で見れるわけですのでどちらが先に形成されたかは一目瞭然です。

 

 2. ローソク足を自分で作る

  MT4以外のチャートを利用していても可能ですよね。

  4時間足であれば1時間足四本分ですので四本ずつ枠でその都度囲んでいけば

  簡単にローソク足は作れます。

  この場合にはローソク足を自分で作るわけですので例えば陰線性質の陽線を最初から

  陰線として色分けしておく事でわかりやすく表示させておく事ができます。

  103  

 

 3. 形成過程を終始目で追う

  暇でヒゲマニアな特殊性癖の方はどうぞ。


 

― 性質の違いを確かめてどうするのか ―

 これはFXにおいて様々な事に関係が有ります。私のトレードに一番大きく関係してくるのは

 波の生成におけるルール上の問題です。これについては無料記事ではなかなか

 言葉の制限によってなかなか解説が難しいので割愛させて頂きます。

 一つ言える事はこの性質一つ違うだけで波が大きく変わる事もあります。

 波はルール作りさえできてしまえばとても正確に引く事ができます。

 ただし別の言い方をすれば緻密であり、繊細に取り扱わなくてはならないという事でもあります。

 性質が違うという事がどれほど大きく影響するか想像は難しくはないかと思います。

Studio shot of hand with index finger pointing up

 その他で言えばたとえばローソク足を使った所謂キャンドルサインやプライスアクションをローソク足単位に

 落とし込んだ所謂ローソク足トレードにも関係してくるでしょう。

 これは以下の関連記事で一例を出しておきますのでそちらの方でご確認ください。

 

 ― なぜ包み足は反転するとされているのか?ローソク足の性質を交えた例を加えて再編集 ー

   ~ 準備中 ~

 

 ローソク足トレードとプライスアクショントレードを別物のように扱っている

 情報発信者、商材販売者がいたら要注意です。何も理解されてない方の可能性が高いです。


 

― ローソク足の魅力 ―

 一期間における情報を切り取って二次的に表示しているという点においては

 他のインジケーターと変わりませんが値に対しての距離がどのインジケーターよりも近く

 取だ出せる情報に曖昧さが無いという点でこれ以上のインジケーターは他にないでしょうね。

 私の場合唯一なくなって困るのはローソク足だけ。非常に魅力的なインジケーターだと思います。

 

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。