<FXで稼ぐために>最速のエントリーを知るために最も遅いエントリーから考えて見る【FX初心者向け】

高山

ー お知らせ ―

 高山に指導を希望される方は以下の内容に目を通してください。

 又、毎期面談を経て人員は厳選させて頂きます。毎期定員は最大三名とさせて頂いております。

 募集期間中以外の応募はご遠慮ください

― 応募概要・受講内容 ー

 ~ FXスカイプ指導受講概要・応募条件等

― 募集状況 ー

 八期生募集に関しては2/10~2/20辺りで

 Twitter上若しくは記事上にて事前告知致します。

 応募される方は概要・自信の受講環境についてよく確認を行った上で

 応募を検討されるようお願い致します。特に環境面について。 

 ※当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PCで見る事をオススメ致します。

 | 今回のテーマ |

 最速のエントリーを考えるために

 最も遅いエントリーから考えてみる

 

| 問題提起 |

 想定然り、手法然り、物の一面しか見てない場合大切な事を

 見逃している可能性が非常に大きいと思います。

 早いエントリーを考えるばかりにそもそも遅い早いの上限下限はどこにあって

 その中でどこまでが最速のエントリーとして起こり合えるのかを考える事で

 見えてくる事もあるでしょう。FXにおけるエントリー「 部分 」について

 本日はお話しさせて頂こうかと思います。


 

|エントリーをわざわざ難しくさせていませんか?|

 まず最初にみなさんに問いたい事は、

 「 エントリーサインを自分で難しくしていませんか? 」という事。

 これは特にインジケーターによるサインでエントリーを考えている人に問いたい事です。

 そもそもエントリーするという事は例えば買いであれば下がってきたから買っていく。

 上がってきたから売っていくと言った事が基本としてあるわけです。

 その上がり始めていく時に買うのか、その途中から買うのかという違いはあるでしょう。

 その下がり初めていく時に売るのか、その途中から売るのかという違いもあるでしょう。

 しかし基本的には大なり小なりのトレンドが

 「 転 換 」したと判断して売買する訳ですよね?

 で、あるならばこれを簡潔に言い換えると以下の事が言えませんか?

 「 上昇トレンドが崩れたら売り 」

 「 下落トレンドが崩れたら売り 」

 エントリーを考える時基本的にはまずここがスタートになるわけです。

 では何をもって崩れたと判断するのでしょうか?


 

 

|エントリーを考える範囲・最も遅いエントリーとは|

 ダウ理論を背景とした場合、トレンドが崩れたと言える状況というのは二つしかありません。

 ※上昇トレンドから売りに転じる場合※

 14 15

 上昇トレンドの定義 ➡ 安値・高値切り上げ

 この定義を崩した時がダウ理論を背景とした「 最も遅いエントリー 」となります。

 ※下降トレンドから買いに転じる場合※

 16  17

 下落トレンドの定義 ➡ 高値・安値切り下げ

 この定義を崩した時がダウ理論を背景とした「 もっとも遅いエントリー 」となります。

 つまりこれがエントリーの下限となる訳です。図のような波のサイズで見るか、

 陰線陽線を含んだロウソク足単位で見るか、陽線だけ陰線だけのサイズの波で見るかの違いは

 ありますが基本的にはこの事自体をサインとして考えてエントリーしていくわけです。

 20

  21 

 22

 例えばこれはすべて同じプライスアクションによるエントリーです。

 一番下は包み足として紹介されていますね。しかしその包み足がどのようなプライスアクションによる

 売買サインなのか説明している方はぼぼいません。なぜでしょうね。そこが大切であるのに(笑)

 つまりこういった事を理解していればロウソク足トレードとプライスアクショントレードは基本的に

 「 = 」であるという事を理解している事であり、間違ってもロウソク足トレードなどと切り分けて別物の

 ように取り扱う事はしないでしょうね。ではロウソク足レベルで見る時にまったく見方がが同じなのかと言えば

 そこにただ「 終値 」を優先した見方が加わるだけであってただ「 それだけ 」の話なのです。

 

関連記事

準備中 ➡ こんな発信者に気を付けよう「 レンジ相場という言葉を使っている 」<再編集版>

準備中 ➡ こんな発信者に気を付けよう「 ロウソク足トレードとプライスアクションを別物として扱っている 」

準備中 ➡ 包み足はなぜ反転するとされているのか<再編集版>


 

|最速のエントリーを求める最大上限と最大下限|

 さて、少し話がそれましたが先程の話で最も遅いエントリーが決まりました。

 これは言い換えると最速のエントリーを求める時のスタート地点になります。

 最も遅いエントリーから遠ざかれば遠ざかる程より早いエントリーとなる訳です。

 では最速を求められる上限はどこにあるのでしょうか?

 19

 値の先でしょうか?値の先とは例えば上の図であれば青のトレンドの最高値を指します。

 値の先でエントリーしようと試みる方も意外と多いように感じます。

 例えば特定の「 ライン 」や「 バンド 」に

 タッチしたからというような理由で売買される方ですね。

 これは正直言って策以外の何ものでもありません。

jidk

 値が転換する時、必ず「 値のアクション 」つまりプライスアクションが起こります。

 何らかのプライスアクションが引き金になって「 転換 」方向へ根拠が付く訳です。

 アクション無くして転換無し。

 そしてダウ理論においては終値が優先されます。ですので最低でもロウソク足一本分は

 またなければなりません。さて、これで上限が決まりましたね。

 どんなに最速なエントリーであっても必ずロウソク足一本以上の確定が必要だという上限。

 またインジケーターのサインがプライスアクションを超える速さで発生する事はありません。

 ダイバージェンスでもクロスでもなんでも波の角が見えなければそもそも認識できませんし

 大前提としては値の二次的な情報がインジケーターから出力される以上、

 そんな事は言うまでも無い事です。

 さてさてこの中であなたは最速のエントリーを探していくわけです。

 それは難しい事でしょうか?

 上限から下限までその幅についてはその都度違うわけですがそれ程までに広い訳ではありません。

 その限られた空間の中で根拠の強いプライスアクションを背景にしたエントリーを探していけば良いだけです。

 無数に広がるチャート全体から探せというわけではないのです。

 たったその範囲に見て取れる反転率の高いプライスアクションを探すのにどれだけの手間が

 必要でしょうね。たかがしれています。しかし、この事を確かめるには必要な事があります。

 そのために必要な事は今までお伝えして来た中でもう充分伝わっているかと思いますが、

 「 波を描き、同じ視点でチャートを見て、マルチフレームで波を見る事 」

 トレンドが崩れたかどうかもまずトレンドが認識できなければわかりません。

 なんとなく「 感 覚 」で描いた高値、安値もそこから生まれた波にも

 何の意味もありません。根拠ある波を描くルールの構築を最優先すべきです。

 

|テクニカルトレーダーとプライスアクション|

 「 直近トレンドが崩れらたら売買 」

 たったこれだけの事にテクニカルトレーダーは

 複雑な計算式を用いたインジケーターを利用して

 躍起になって設定にこだわり、サインを探す訳です。

 しかしよく考えてください。

waitwhat-idontevenknow_23988f_3996414

 「 直近トレンドが崩れらたら売買 」

 トレンドを見ずしてインジケーターで判断できますか?

 トレンドを形成している波と値を見ずしてインジケーターで判断できますか?

 というかできると思いますか?(笑)

 しかも計算式は複雑であり、尚且つ例えばオシレーターであればそれぞれまったく

 異なる計算式でありながら出力される結果に大した違いはない(本当に些細な違いしかない)。

 尚且つ、その出力される情報の元になっている物は共通して「  」です。

 その値から生まれる情報をわざわざこねくり回して

 わざわざ二次的な情報にしてまで見る必要があるのでしょうか?

dd98a9a89c10a88b9e3dd52cce6f12b2

 断言しておきますがあらゆるインジケーターのサインは

 波ありきで見なければ根拠が付く事はありません。

 そしてあらゆるインジケーターの売買サインが

 値だけで見てとれるプライスアクションを超える速さを持つ事は

effective-communication

 絶対にありえません。

 

 


|勝てない人が特に陥りやすい傾向|

 勝てない人程「エントリーサイン」を探す事から始めます。

 インジケーターの設定や一見目を引くサインを出しているような

 商材等に右往左往しているわけです。

 しかしエントリーサインはただの引き金でしかありません。

oktarget

 問題はその引き金を「 いつ 」引くかなのです。

 そのためにはまず値・波に対する「 アプローチ 」が無いと始まりません。

 それができて想定が立ちます。想定が立てばその時ようやく

 エントリーをどうすれば良いのかという話になります。

 小さいアクションのサイン単体では弱くても背景があるならそのサインも

 有効に働く可能性は上がります。また大きなアクションであるならそれは

 基点想定やその他の想定にも使えるわけです。

 エントリーと想定に利用するようなプライスアクションはそのサイズの違いが

 あるだけで根本的な根拠の違いはありません。

 波然り、想定然り、エントリー然り、すべて同じ目線で見る事が大切です。

 同じ目線で見るために必要な技術を構築して行きましょう。

                                    高 山

あなた1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。