【FX初心者】相場の海でCatch a wave.


 

2

 

 

Catch a wave.

相場は直線情報を好みます。

それも最短距離を好みます。

無駄な情報を好まず「 解釈 」が一つの情報を好みます。

高値と安値を無視するという意味ではありません。

直線は最低でも二点間を要します。

チャート上でそれは<値><時間>で表す座標を意味します。

二点間の座標が織りなす直線の連続が波を生みます。

生まれた波はトレンドを描き続けながら大きな波へと移り変わっていきます。

 

波乗り達は波を選びその波が来るまで海を見つめただ待ちます。

その波が来たら波に向かってパドリング。

うまく乗れればその波を推進力に変えてスピードに乗り

自らのポジションがその波の一部となって駆け出します。

いずれ波が弱まりサーファーは波から降ります。

また海を漂い自分の好む狙った波を海を見つめてただ待ちます。

 

どの波に乗りたいのかを考えます。

その波が来た事を知る術が必要です。

座標から波をくみ上げる術

それが波を選ぶ事を可能にします。

相場の波は直線情報で示されます。

直線は二点間の座標が必要です。

 

座標が明確になると想定・エントリー・決済

ここにルールが生まれ時系列に沿った見方が生まれます。

左から右へと方向はただただ一方向へ流れます。

あなたの目はただただ左から右へと流れます。

時間と値で動いている以上それが自然な状態です。

そして想定から裁量という物が海の泡となって空へ消えていきます。

高 山

 

↓今日のオススメ記事CLICK 

 

あなたの1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。