<FXトレンドフォロー>相場についていくのは簡単or難しい?【FX初心者に向けて】


 

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨

 

『 相場について行きましょう(と言うけれど。) 』

 

高山

 FXに限らず投資を学び出すと

 遅かれ早かれこんな言葉に遭遇する事でしょう。

 「 相場について行きましょう 」

 所謂トレンドフォローを心がけましょうという事ですね。

 ではこの相場についていくという事は難しい事なのか

 その事について一つの視点から本日はお話していこうと思います。 

 

 相場にはいくつもの波が折り重なって

 多重フレームからなるトレンドを形成しています。

 ちなみにすべての波を獲りにいく事はできません。

 な ぜ ?

 すべての波を対象に想定を立てると縦軸「 今 」その瞬間に

 存在する想定が「 一つだけ 」に絞る事が出来なくなるからです。

 想定を立てる場合にも基準のフレームを持たなければなりません。

 そうすれば背景を背にたった一つの想定を最速のエントリーを可能に出来ます。

 しかり仮に波が織りなすトレンドのフレームを一つに絞って、

 そのフレームの上下トレンドにひたすら乗り続ける事が相場に

 ついていく事だとした時にそれは難しいと思いますか?

< 多重フレーム構造の波から任意のフレーム一つに絞る >

3

3-3

 

 答え. 簡 単

 

 相場においてもっとも遅いエントリーを繰り返せば任意のフレームの

 波が織りなすトレンドに乗り続ける事が出来ます。

 ここで言う「相場におけるもっとも遅いエントリー」とは

 サインの遅いインジケーター等という根拠も理屈もないエントリーサインを

 指しているのではありません。詳しくは以下の記事をお読みください。

 

 

 ここで言うもっとも遅いエントリーというのはダウ理論ベースで考えた時に

 直近のトレンドが崩れたポイントを指します。

 その崩れたポイントでドテン売買を繰り返す事で

 任意のフレームに乗り続ける事は可能です。

 

 普通、エントリーというのは大抵の場合において

 これから起こり得るその波が「生まれる前」にそうなるであろうという

 最速のアクションを目指してエントリーしていく事になります。

 その時においてはまだ獲りにいく波がダウ理論ベースでは「存在してない」ので

 不確定な未来に押し返されて損切りに合うリスクを背に利益を獲りにいく訳です。

 大抵の場合といったのはダウ理論ベースでトレンドが崩れ1波基点想定の段階で

 すでに「その波」が発生してる状態から3波を獲りにいく場合を除くという事です。

 

 対してもっとも遅いエントリーとは

 「前の波」が崩れたポイント = 「次の波」が生まれたポイント

 で入るためトレンドのつなぎめからつなぎめへ波に乗り続ける事が出来ます。

 波は常に連続性の中にあるので前の波が崩れた=次の波が生まれたという事です。

 ただそのように相場に乗り続けていく場合においては一つ問題が残ります。

 

 相場において値の先は予測(※2)できません。

 つまり値幅・ボラリティは予測できないのです。

 絞る事は出来ても(※1基準となる比率は容易にわかるが)予測は不可能です。

 

※1 基準に対して2倍なのか1/2倍なのかわからないが1はわかるという事、

   それは波の定義における波の担った期間と値を正確に取り出すだけでわかる。

 

※2 現在世界の共通認識ですので予測できるという発信者を見かけましたら是非ご一報ください。

   世界中の相場研究の頂点にいる方になるはずです。世界的大発見をされたそれはそれは偉大な方ですので大体的に宣伝しましょう(笑)

 

 つまり前トレンドをダウ理論ベースで崩してきた時の1辺ないし3辺の波が、

 長大なリスク(損切幅)を持ってしまっていた場合、若しくは今の

 波が生まれて入ったとして次にドテン売買をするのがその波の終わり、

 つまり次の波の発生としてしまうと根拠をもって波には乗れたけれど

 プラスで決済する事が出来なかったという状態が頻繁に発生する事になります。

 無論、プラスで推移していく事は難しいでしょう。

 

 例えば推進波だけ入り続けるという事も同様に簡単です。

 値の範囲(戻りの範囲)を見てひたすら推進波方向の前、つまり修正波の中の

 トレンドがダウ理論ベースで崩れた時に延々入って行けば良いだけですからね。

 ただ基本的には大きな想定に小さく合わせて利幅を狙うというのはもっとも期待値の高い

 エントリーであるという事は言うまでもありません。

 

 トレンドはいつか終わり、値の先は予測できない。

 つまり利益を残すには結果トレンドが形成されなかったとしても、

 利幅が確保できるように大きく想定、小さく合わすが基本と私は考えます。

 

 

高山

 そして最終的に問題の行きつく先は、

  必ずここに帰結します。

 「 波 」の認識。

 

 波という言葉でなくても「 角 」という認識で把握している方も

 いるかもしれません。少なからずエントリーを考える時、

 大抵の方は基本的に角を意識しているはずです。

 ところで簡単だ簡単だと言って来ましたが、

 その簡単なトレンドに乗り続ける事を実行に移すために必要なスキルは結局二つだけです。

 ・ 単純なダウ理論におけるトレンドの定義を覚えている事

 ・ チャート上で波を認識できる事

 

 たったこれだけです。そうですたったこれだけあれば可能なのです。

 トレンドは波が認識できれば認識できます。波は波がいつ生まれいつ終わるのか

 発生と終了の定義から成り立つ基準があれば認識できます。

 逆にそれらが無ければ何も認識できない。あたり前ですね。

 根拠があり曖昧さの介在しない単一解釈の波の定義が一つあれば

 こんな事は造作もなくできるはずです。

 

Surfboard on the beach at sunset

 「 波 」の認識。

 チャートと向き合う時、この問題からは「 絶対に 」逃れる事は出来ません。

 基本的な理論(共通認識)をサラッと学んだその後にまっさきに取り組むべき問題。

 感覚で書いた波等意味はありません。インジケーターで描かれる波に意味はありません。

 

 インジケーター等から波を起こそうとしても単一解釈で無い物に基準を担う価値はありません。

 では一体どうするば単一解釈・曖昧さの介在しない波を生み出す事は出来るのでしょうか?

 それをここに書く事はできませんがそういった対象となる素材は幸いな事に

 決して多くはないという事を念頭に置いて是非チャートの構造に考察の目を向けてください。

 時間と値の交差 ➤ 座標 ➤ 直線 ➤ 波 ➤ トレンド

 

                                        ↓今日のオススメ記事CLICK

<FX初心者向け>「 いつ 」想定を立てれば良いのかという疑問について <DM質問>

あなたの1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。