当サイト!と私ついて。「当たり前を当たり前で終わらせない」


 

➤ 自己紹介

1nigaoemaker

「 はじめましてこんにちは。FXトレーダー高山です。」

 数年前、投資をはじめた頃はただの自己記録としてブログを始めました。

 今では様々な縁の中で限られた時間になるとは思いますが生徒さんを募るまでになりました。

 (私にとってFXは夢や目標でなく過程でしかないので次の夢が始まるまで)

 

 今のスタイルを確立するまでの間に様々なトレーダーの方と知り合い、

 交流を深める中でトレードスタイルというのは様々あれど

 その中にはある種普遍的な要素が含まれている事に気づきました。

 要はスタイルは違っても勝てる場所、

 狙える場所というのは限られていてその場面を獲りに行くなら

 少なからず「 認識 」しなければならない事がある。

 ではその「 認識 」すべき事とは何か?

 

 まずその事について追求して行こう。

 そういった一つ一つの問題から定義と根拠を積み重ね構築してきた

 私が実践しているトレードは結果的に「 裁量 」に頼らず「 定義 」に頼る事で

 100回同じ場面に遭遇しても

 100回同じ判断ができるよう体系化する事を選びました。

 では具体的にどのような事に「 疑問 」を感じながら

 目指すべきトレ―ドスタイルを決める事ができたのか。

 いくつかのお話しを交えながら少し紹介していきたいと思います。

 

 

➤ あなたへの質問 

Male hand holding microphone for the interview

 なさんは高値安値に言及された事がありますか?

 高値・安値という点を結んだ線、そしてその線が織りなす波について

 言及された事がありますか?

 の波の一辺に対する明確な定義を持ち、

 重フレーム構造を認識する定義と術を持ち、

 の波に対してルール化されたアプローチ(想定)を行う術を持ち、

 、現在どの波の中のどこに値が位置していて、

 、この瞬間どの波の形成を担っているのかについて、

 の「時間」のこの「値」のこの瞬間を持って何が起きているかと

 さし確認できるような明確性を持った術を持ってチャートを見ているでしょうか?

 

 

➤ 先程の質問に対する私の意見

 確かに高値・安値と聞くとその言葉自体は

 基礎用語でしかないように感じ魅力的には映らないかもしれません。

 しかし例えば相場の基本とされるダウ理論にしても波を個別に認識する術を持たなければ

 一体どこの波に対しての高値・安値なのか。どのサイズに対する上昇・下降トレンドなのか

 わからないわけです。とすれば相場上にダウ理論を見る事さえ叶いません。

 

 それさえできなければ当然高い精度で一つのトレンドを見て取る事さえできません。

 高値・安値についてなんとなく把握しているという方が非常に多い。

 又、情報発信者についても高値・安値に言及していない方が大多数を占める。

 相場は高値・安値という点があり、点を結んだ波があり、波が織りなす

 ジグザグ構造がある。であるのに高値・安値に言及しないというのは

 非常に矛盾に満ちていると私は考えます。

 

 

➤ 基準とルールの構築

1356604543475837012complex flowchart1

 そういった視点を持って相場に取り掛かった時、

 私はまず波の最小単位から考え始めました。

 「 波はいつ生まれるのか 」 

 ☞ 波の定義が必要

 

 次に考えた事はその最小単位を相場にどのように見るのか。

 「 波を描くためのルール 」

 ☞ 定義した波をチャート上の情報でどう視覚化するのか

 

 を考え、次に今現在の現値はもちろんチャートのどこであろうとその一点を指して、

 「 どの波の中にいるのか、今どの波を形成しているのか 」

 ☞ 正確な現値情報の把握

 

 という波の位置情報を把握する事を考えました。

 そして現値の位置を把握した上で、

 「 どの波を取るのか 」という事を考え、

 トレンド内3波を中心とした上位フレームの背景を背にした

 2フレーム以上の推進波を獲りに行くと決め、そのために必要な、

 「 波に対するアプローチ(基本想定ルール) 」を構築しました。

 

 そこまでがルール化できてようやくインジケーターであったり

 様々な優位性について考えるようになりました。というよりも

 ➡ 現値に対するチャートMAP

 が把握できて初めて、相場の場面の見分けが付き、その場面ごとに

 例えばインジケーターの特徴であったり、ラインや様々な優位性で

 あったりという事が抜き出せるはずです。

 

 チャート上にトレンドを見る。ダウ理論を見る。

 その中で狙った波を獲る。そんな当たり前な事を当たり前に行うためには

 定義すべき事、ルール化すべき事がまずあってその上に成り立つ事は

 非常に当たり前であるのにそういった事に言及されている人がいないと

 いう事にである事に疑問を持って私は定義と基準にに満ちたレードを構築に務めて来ました。

 「 当たり前を当たり前で終わらせない 」

 「 当たり前に感じた素朴や疑問は大きなチャンス 」

 これらをモットーに相場に取り組む事が私の大きな転機となりました。

 

 

➤ 無料ブログと有料指導の違い

 このブログ上のコンテンツは鍵付き記事を除き、すべて無料で

 ご覧いただけます。しかし有料指導でしかお話できない事や、無料ブログと

 有料指導との差別化のため無料記事上では多少わかりにく言葉や表現、

 遠回しな記述などをしている場合がありますがご了承ください。

 

 しかし根底にある軸に沿ったヒントをお届けしていますのでしっかりと咀嚼して

 読み解いて頂ければ得られるものはある作りにしております。

 投資初心者が安易で安価な商材・手法ジプシーに陥る事なく、

 自分の視点と疑問をもってトレード構築に向かうために

 どんな事に着目していくべきか。そんな道しるべとなるサイトになればと思っています。

 

 一度に三名程度の個別有料指導を行っている身ではありますが、

 自力で構築できればそれがもっとも望ましいと私は思っています。

 なぜならその場合、つ一つを「言葉」で定義していく必要があり、

 「言葉」で定義できた事についてはそのルールや理解において曖昧さが介在せず、

 自分のトレードに対して深い理解が得られるからです。

 これは多くの生徒さんに指導を行う中で私自身が定義できる事、

 そのして言葉にできる事が非常に強力な物であると実感している所にその理由があります。

 

➤ 最後に

Man jumping with giant arrow in desert.

 私は自らを凡人トレーダーと呼んでいます。

 臆病だからこそ理屈屋です。

 ですので曖昧なルールや根拠に身を任せようとは思えません。

 

 相場分析とは自分を納得させられるかの勝負だと思っています。

 自分にエントリーを承認させるため、腑に落ちる説明と理屈を

 つきつける作業、それが相場分析だと思っています。

 

 そのためには相場に対して順序立てて接して上げる必要がある。

 私のトレードのすべてが自分の観察と考察から生まれたものですが

 その始りはたった一つの事、

「高値・安値」に言及したという事だけです。

 

 あなたが特別な才能を持ってトレードで成功しているわけではないのであれば、

 あなたが基準や理屈を持って相場に向き合う事ができていないのであれば、

 無駄な商材やセミナービジネスに巻き込まれる事なく、

 そこに対するエネルギーと妄想に使う時間のすべてを

 「高値・安値への言及」に向ける事を私はオススメ致します。

 私もたくさんの商材やFX塾、セミナーなど参加しましたが、

 手元に残っているのは自分の観察結果から生まれ出たものだけです。

 

 正解解の無い相場の世界で何より信じられるのは

 あなたの目で見たあなたの観察結果なはずです。

 

➤ お金をかける事だけがすべてではありません。

 私の元で指導を受ける生徒さんたちは生活に余裕がありお金を払って

 トレード構築にかける多くの時間をショートカットしてはおりますが、

 それは対価を払える環境にあり尚且つ時間が貴重だと知っている方々が

 その選択をできるだけの金銭的余裕をそれまでの人生の過程において

 努力して得たから行える選択肢な訳です。

 

 では今までそういった努力をしてこなかった。

 時間的にも金銭的にも余裕が無い人はあきらめるしかないのか?

 そんな訳ありませんよね。

 対価を払ってショートカットするといったような選択肢を持てないだけであって

 お金が無くてもやれる事はもちろんあるはずです。

 お金がないなら時間を使えばいいのです。自分で気づけばいいのです

 

 無論、人によっては何年もかかるかもしれない。

 私のように運よく数ヶ月で構築できるかもしれない。

 一生無理な人もいるかもしれない。

 しかしそんな事はやる前から決めつける事じゃない

 問題は「どこに目を向けるのか」「どこに力を注げばいいのか」

 費やす時間を無駄にしないためにも現実的な思考と戦略を持つべきと私は思います。

 そのためのヒントをちりばめた記事を今後も更新していけたらと考えています。

handpressbutton3_63E2404D

 今の時代、いくらでも稼ぐ方法はあると思います。

 FXでなくてもまったくも問題ないでしょう。

 しかしそれでもFXをやるのだというのであれば

 新しい仕事を学ぶように、新しいスポーツを習得するように

 努力するという事から目を向けないでください。

 楽して身につくものなど何もありません。

 楽するために先に苦労してしまい、

 結果、楽してどうこうという話になるのは他の何事とも

 変わりありません。

 

➤ 高山自身ついて興味がある方がいれば以下も

nigaoemaker

 私は以前二つのブログサイトで自らのFXの記録と気づき等を発信しておりました。

 アメーバーブログとシ―サーブログを合わせますともう数年に渡る長い期間となります。

 専業になり、ブログの更新も長期になっていく中で多くの質問を頂くようになりました。

 その過程で今年2015年の中頃から毎月2~3人程度の方を有料指導するようになりました。

 

 そのおかげで一人でやっていては絶対にしなかったであろう「トレードを言葉で説明する」

 という作業をする事になった結果、自分のトレードに対しての理解がより深まりそれに付随して

 多くの新しい発見に恵まれました。

 

 今では専業トレーダーの方も申し込まれるようになり、それも又刺激となって

 非常に可能性に満ち溢れた中でトレードを継続できている事は非常に幸せな事だと思います。

 しつこいようですがこの始りも結局の所当たり前を当たり前で終わらせず「高値・安値」に

 ついて言及してきた結果だと強く感じております。

 

 現在私は次の夢に向けて歩き始めています。

 FXはあくまでツールでしかありません。

 おそらくほとんどの方がFXトレーダーになる事が最終目標ではないでしょう。

 稼いで何かをしたいという方の方が多いかと思います。

 私もFXはあくまで過程であり、その先に夢があります。

 その夢は正直お金になる事ではありません。

 

 しかし好きな事ではあるので仕事にできたら最高だと考えております。

 だからこそ生活に余裕がある今だからこそチャレンジしようと思えた訳です。

 次の春からは私は夢のために学生に戻ります。資格取得のためです。

 ですので私が生徒さんをコンスタントに募集できる時間はもうあまり無いかもしれません。

 出来たとしてもその頃には月に1、2名程度かと思います。

 

 十数年ぶりの学生生活になりますので期待と不安もありますが、

 一度決めた夢はすべて叶える。叶えられると思って生きて来ましたので

 今後も自分の信念の元、この人生を邁進して行きたいと思っています。

 長くなりましたが当サイトと私については以上となります。

 最後までお読み頂きありがとうございました。

 高 山

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。