【FX】あなたが相場で何をやっても勝てない、そして楽しくない二つの原因【記事まとめvol.1】

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨

【 はじめに 】

 あなたがチャートを見る事を楽しめない原因と理由と題して

 一度過去の記事をまとめて置きます。

 各項目に関連した記事のリンクを載せておきますので

 あなたに該当する内容から読んで頂いても結構ですし

 順番に読んで頂いても結構です。

 もしあなたが誰に教わる事なく自力でトレード理論を構築したいと

 考えるならば漠然と理論構築を始めてはいけません。

 一体どのような理論が必要でその理論を構築するためには

 何を準備する必要があり、その理論を認識・立証・検証するためには

 どういったプロセスが必要なのか初めに考える必要があります。

 そういった事の手がかりとなって頂ければ幸いです。

しくない原因由その

「 一貫した環境認識や相場の評価基準を持っていないから 」

 チャートを見ても一体そこに【何を】見れば良いのかわからないまま

 いくらチャートを見つめてもそこから傾向を見出す事は難しいでしょう。

 例えば知らない言葉で書かれた本があったとして、その本をじっくりと

 見続けたところでその本が読めるようになるでしょうか?

 

 チャートを読むために必要な環境認識というのは簡単に言えば言語と

 単語の事を指します。私が日本語で書かれた本をただ【読む】作業に

 裁量等必要でしょうか?つまりこの一貫したというのはどの程度の

 水準を指すのかと言えば環境認識における所謂チャートを「読む」方法に

 ついて基本的には裁量が含まれるならそれは一貫性を持っているとは言えません。

 一貫性のある環境認識というのは、

 例えば100年後同じチャートを観たとしても

 そこから読みとれる(とれた)結果が常に合致するような物でなければならない。

 例えば100回同じチャートの場面を見て100回同じ分析結果を出せなければならない。

 そういった環境認識があった上で視点が固定され、例えばそこにある傾向を

 読む事が出来たり又、その傾向を体系化して理論にする事が出来る。

 また構築した理論の検証を一貫性の元に行う事が出来る。

 

関連記事 ※画像クリックで各記事へ

 

しくない原因由その2

「 チャート上で自分がすべき目的・過程・方法がわかっていないから 」

 まず最初に少し相場から離れて日常のある情景を想像してみて下さい。

 あなたはやる気みなぎる新入社員です。

 なんでもやってやるぞ!と意気込んで会社へ向かい上司から

 最初の指令が下ります。もしその指令が以下のような物だったらどうですか?

「 とにかく自由に勝手にやってもらって構わないから。頑張って 」

 その状況をあなたは楽しいと思えますか?やる気は捨てる程あるのに

 目的が無いまま右往左往して何から手をつけていいのかさっぱりわからない。

 周りは常に手を動かし生産性を稼いでいる中で自分はおろおろとするばかり。

 原因その2に該当している方はまさにこんな状況なのだと思います。

 この問題を解決するためにはトレード理論を用意する必要があります。

 トレード理論の役割は何かまず理解する必要がありますね。

 例えば環境認識の基準・方法が担っている役割というのは前述した通り、

 言語 ・ 単語

 でしたね。大してトレード理論が担う役割というのは何かというと

 文法 ・ 指針 ・ 方針 

 を指します。いくら言葉が読めて単語が読めてそれぞれについて個別に

 認識出来たとしても文法が無ければ意味を読み切れません。

 そして文法によって解読出来た文章が向かう先を指針・方針に照らし合わせて

 仕訳けていくまでの工程をこの理論が担います。

 

 ところでトレード理論については新たに構築せずとも実は

 既存の有名な理論がいくつも存在致します。

 ・ダウ理論 

 ・エリオット波動論 

 ・一目均衡表に関連した各理論 

 ・グランビルの法則 

 ・サイクル理論 …etc

 まだまだありますが所謂一般的見地から語られる常識的な知識として

 よく上がる物は例えば上記のような理論かと思います。

 しかし不思議なのはこれらの理論は機能していたいのは過去のある一定期間のみ

 あり各理論それぞれが衰退・消滅した経緯があるのにも関わらずどういう訳か、

 現在に至っても尚知っていて当たり前の【知識】として君臨している事ですね。

 常識という物をどういった立場の方々が発信しているかと考えれば

 その意図は非常にわかりやすいかと思いますがここでは触れずに進めます。

 この各理論については是非とも深く読みこみ理解して欲しいと思いますがそれは

この各理論が、

有効だからという理由ではありません。

 一般的見地から語られる当たり前とされている知識を学習しておくべき理由は

 主に二つあります。まず一つ目の理由が、

《 矛盾からの逆説的創造 》

 恐らくフラットに各理論を読みこむ事が出来る方々は一通りの理論を読み終えた後に

 強いいくつかの根本的な矛盾をそこに見つけるだろうと思います。

 ➡ なぜこの(その)理論は上手く機能しないのか?

 ➡ 根本的な矛盾や構造的な矛盾や認識方法にある矛盾が原因?

 ➡ だとすればそれらの原因が解決出来れば機能するのか?

 ➡ 解決方法(目的)の構築が必要

 ➡ 構築が完了し検証が可能になる

 ➡ 結果としてやはりこれ(それ)らの理論に有効性は無い

 ➡ この理論が機能しなかった問題から逆説的に考える

 ➡ 一体このトレード理論には何が必要なのかと考える

 ➡ 自分が目指すモデルが見えてくる(目的)

 ➡ モデル(目的)が決まり形成すべき過程が決まりだす

 ➡ その過程を実行するために必要なツールが見えてくる

 ➡ そのツールの構築が必要となる

 ➡ ではどういった情報から構築すべきだろうか

 こういったプロセスを学習する事が出来る訳ですね。

 使えない情報で終わらすのか、どうして使えないのかという観点から

 逆説的にそこから何かを学ぶのか。

 年がら年中、指摘にもなっていない批判ばかりを繰り返す人というのは

 こういった考えには至らないでしょうし、その真逆にある人間というのは

 何からでも学べる人といえるのでしょう。少しそれましたがそういった

 理論構築に不可欠な思考アプローチを学ぶための良い練習になりますので一通りの

 一般的な知識には触れて尚且つ理解しておいた方が良いというのが一点。

 

《 一般的知識とは共通認識を得るための言語 》

 自力で構築を目指す場合も誰かに学ぶ場合にも、

 一般的知識を有している場合に得られる恩恵というのは

 新しい知識に出会った時にそれを理解するために手段の一つとして

 既存知識と照らし合わせる事や対比によって理解するという事が

 可能であるという点では無いでしょうか。

 例えばエリオット波動論においては〇〇だが、

 その問題点における解決をこの理論では〇〇という形で

 行っているのだな。というような形ですね。

 他者と知識を共有する際や誰かに学ぶ時等においてはこの

 プロセスは特に有効な手段でありツールとしての知識として

 あなたの役に立つでしょう、というのが二つ目の理由。

 

関連記事 ※画像クリックで各記事へ

 

【 まとめ 】

 他にも理由はありますが長くなりましたので今回はこの辺りで。

 以前より変わらず言い続けている事ですが、

 私は有料でFXスカイプ指導を行っている身ではありますが、

 トレード理論については自身で構築できるならそれが一番望ましい事だと

 無料読者の方へお伝えしています。

 な ぜ か ?

 それはトレード構築の際、理論でもっとも価値のある部分

 そう【過程】に深く触れざるを得ないからです。

 一貫したトレード理論が出来るとその理論に投げ込んだ想定に対して必ず「解答」が

 出るはずです。トレード理論がトレード理論として機能する水準の物であるならば、

 「答え」があっているのは当たり前の事なのです。

 それ以上に重要なのがその答えに至るプロセスをすべて把握し説明出来るかどうか。

 トレード理論というのは答えは当たり前でその過程に価値があるのです。

 自力で構築する場合にはこの過程すべてを構築前から目にし言葉していく作業を

 自身の経験を通して構築していく事になる訳です。

 その価値というのは理論構築を行った事の無い方には

 なかなか伝わりにくいかもしれませんが過程を緻密に厳密に抑える事によって

 逆説的なアプローチからエントリーの幅を広げる事が出来るようになります。

 所謂応用という物ですが但しこの場合には理論に順序があり時列が存在している事が

 最低条件であるという事は付け加えておきます。

 

 金銭を支払い情報を得て自力で構築する際にかかる膨大な時間をショートカットする事は

 生活に余裕がある人にとっては当たり前の選択肢の一つです。

 教わる事に嫌悪感を抱く方々のその一番の理由というのはただ単純に

 それを選択肢としてあげられる程の金銭的余裕が無いだけでしょう。

 そこでひねくれて指摘にもならない批判をして無駄な時間を過ごすのか、

 それとも私のように自力で理論構築にその時間を投資していくのか、

 あなたの時間の価値はただどう考えどう行動したかでしか変わっては行きません。

 まずは目的に具体性を持たせその過程を考え計画し、最短ルートでトレード構築に

 望まれる事をお勧めしつつ本記事を終わりたいと思います。

 追 伸

 当記事に掲載しておりますいくつかの投稿の他にも多くの記事がありますので

 あなたの目的に沿った必要な情報に目を通され又、

 それがお役に立つ事があれば幸いです。

 高 山

■ 今回の記事は以上になります。高 山

             ↓ 今日のオススメ記事 

あなたの1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。