<FX初心者向>レンジ相場は存在しない。曖昧な言葉がトレードに混乱と間違った認識を生むという話。


 

 ※当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PCで見る事をオススメ致します。

「 レンジ相場は存在しないという事 」

  曖昧な表現はトレードの邪魔でしかない。レンジ相場という言葉を情報精査のフィルターに利用しよう ~

Kohlberger_not-even-nothing-can-be-free-of-ghosts_1

 

◎最初に、

 今日、この記事を読んだ方がその瞬間からレンジ相場という曖昧で実用性の無い言葉と離別し、

 レンジ相場を一つの情報レベルを推し量るフィルターとして利用する事で

 FXに関する情報の精査・取捨選択に役立てて下さる事を願います。

 相場に結果論を持ち込んではいけません。自ら管理すべきトレードに曖昧な言葉を持ち込んではいけません。

 チャートにおいては明確なルールと正確な波の座標・位置情報を持って

 「 いつから・どこまで・目的・現在・背景 」これらについて

 客観的で機械的な判断を下すべきだと私は考えます。想定までの段階においては裁量は不要なはずです。

 

◎レンジ相場とは何か、 

 レンジ相場とは一定の値幅間を上下しつつ形としては以下のような<ボックス>を形成する相場を指す。

 2

 故にボックス相場とも表現されます。値によるボックスではなく

 市場時間の区切りをボックスとする考え方もありますが

 これは厳密に言うと値に対して一般的な定義が当てはまらないので

 手法的な認識で良いと思います。(覚える必要はまったくありませんが)

 又、チャートフォーメーションの一種であるペナント・フラッグ等も性質的には同じ物であると考えます。

 3 4

 

◎レンジ相場を利用した代表的な手法、

(1)レンジ上限下限による逆張り的な売買手法

 5

 > この手法の問題点

 まずレンジが「 ある程度形成 」されなければスタンバイも出来ないという事。

 またトレンドと同じくレンジなる物もいつか終わりが来ます。

 とすれば後になれば後になるほどリスクは増大していきます。

 形成されてからではすでに遅いのです。

 そして最大の問題点は背景が無い事です。

 この売買に例えばボリンジャーバンドやフィボナッチを併用する方もおりますが

 それは「 ポジションの背景 」ではありません。背景あっての残りカス程度に付属される

 わずかばかりの根拠に過ぎないのです。

 とにかく遅い、背景が無い。冷静に考えればこの手法でトレードを行う気にはなれないかと思います。

 

(2)ボックス・ペナント・フラッグによるボックスブレイク手法

6 7

 > この手法の問題点

 先程の問題点と基本的には同じです。認識が遅く、その認識基準に根拠が無い。

 また最大の問題点として同様に背景がない。つまり基本想定がないのです。

 背景が無いという事は待っている売買が無いという事です。

 上に抜けたら買おう、下に抜けたら売ろう。

 これは想定とは言いません。想定とは売り・買い常に一つです。

 想定が移り変わるのも時系列、値と時間の経過に沿って起こる訳であり同時に二つはあり得ません。

 結果的に所謂フォーメーションなりボックスなりが形成されたとしても

 目線はどっちもではなく売りしか考えてない。買いしか考えていない。

 これだけなのです。相場についていくという言葉をはき違えてはいけません。

 相場についていくという事はこういった現象の前にトレンド・値の仕切りを持って

 すでに判断してまっている状態であるという事です。

 ボックスをブレイクした方向についていいく事が相場についていくという事では

 まったくありません。

 

関連記事

 ➡ 重要 「 想定はどこまで具体性を持たせられるのか 」FX初心者向け

 ➡ 重要 <FX初心者向け>「 いつ 」想定を立てれば良いのかという疑問について

 ➡ 重要 <FX初心者向け>FXにおけるルール作りに用いるべき素材とはどのような物が最適であるのか

 

 レンジありき、ボックス・ペナント・フラッグありきで想定は立ちません。主体になりえないのです。

 想定が終わった後の現象としてただそのような形になっただけであって

 この形自体はまったくもってどうでもいいのです。

 相場についていくという事の意味について例えば一度ダウ理論ベースで考え直してみるべきです。。

 

◎レンジ相場という言葉を使う人達が

 レンジ相場を認識するのはいつか、

woman-scare-and-shocked

 手法の問題点で述べましたが所謂レンジ相場及びペナントやフラッグについてそれらを

 認識できるタイミングというのは<ある程度形を成してからである訳です。

 その形成の定義も曖昧です。例えばボックスで言えば過去二点以上反発した場所と

 定義する人もいれば三点と言う人もいるでしょう。

 また完全な同値では無いわけですからどこまで許容しどこから除外するのかという問題もあるでしょう。

 例えば私達は波を見て想定を立てます。その波についてはいつ生まれたと言えて生まれ方の違いも

 個別に認識でき縦軸(いつ)・横軸(値)をふまえていつどの値を持って生まれたと言えるか最速で

 認識します。最速の認識いつから生まれ・いつ終わったと言えるのか。

 具体性が無い言葉はそれ自体がトレードの邪魔になります。

 

◎レンジ相場はいつ形成されやすいのか? 

 基本的に数フレームまたぎの基点1波形成時がもっとも多いはずです。

 そういった場合における相場が入れたがっている最低ラインのフレームに対する

 修正波形成時の事です。非常に簡単にイメージしやすく曖昧さを含めて

 言うと短期間に大きく一方向へ動いた時が多いはずですがこの表現では非常に曖昧ですね。

 いずれにせよまずトレンドの認識があって待っているフレームに対する修正波を

 認識できる訳ですのでそもそもトレンド(波)を認識できなければ修正波も認識できません。

 トレンドが認識できない、今が修正波かどうかさえ正確にわからない。

 これでは当然背景も認識できません。話にならないのです。

 だからブレイクした方向についていくというような根拠の無い手法を生み出してしまうのだと思います。

 わからない事に蓋をしてもそれは解決にはならないのです。

 

◎トレンドが無い状態?

 また先程の話に付随してたまにこんな言葉を使う方がいます。

 「 今はトレンドの無い状態だから… 」

 00

 トレンドの無い状態等存在しません。

 トレンドが終わる時、次のトレンドの1波が生まれるのですから。

 1フレームで考えた場合、トレンドとトレンド間を結ぶのはレンジではありません。

 つなぎ目は無いのです。なぜこんな事を誰も教えてくれないのか謎です。

 どのフレームを主軸におくかの違いであって常にトレンドは存在しますしまた言い換えれば

 「 過去つけた事の無い最高値・最安値を付けている時を除けば常に左スイングの中にいる 」

 つまり常に修正波の中にいるとも言えます。

 

 この事が意味する事はつまりフレームに基準を持ち、自分がトレードしている波をチャート上から抜き出して

 認識し、尚且つその波に対していつも同じプロセスで想定を立てて、自分のポジションがどんな背景のどの

 トレンドを背にしたトレードであるか認識しなければ目隠しでトレードしている事と同義だという事です。

 トレンドが無い状態という表現を使う方というのは自分がトレードしているフレームさえ把握できていないのです。

 ですから今がどのような背景にいるかをトレンドが無い状態、レンジ相場というような実用性の無い曖昧な表現に

 終始する事しかできなくなってしまうのです。

 自らのトレードにおける主軸フレームさえ把握していない状態でのエントリー。

 私は非常に恐ろしいトレードに思えるのですがいかがでしょうか。

 

◎値位置情報・座標、

handed

 想定を立てれる人、自分のポジションの背景をトレンド(波)と絡めて説明できる人というのは基本的に、

 チャートの値位置情報・座標を認識できる術を持っている人達であると考えます。

 逆にそれがなければトレンド一つチャート上で確認出来ません。

 ダウ理論を学んでも、エリオット波動論を学んでも、何を学んでもチャート上で確認する術がなければ

 それは机上の空論と変わりないわけです。

 2

 < 波がいつ生まれ、その波に対するアプローチを構築した者がいわゆるレンジ相場を認識する地点 >

 座標が見えれば特定の波を抜き出してその波が担っているトレンド、期間、値幅も個別に確認できます。

 そして値のアプローチ(想定)も立つ訳ですからそもそもレンジ相場という言葉でレンジ相場を認識しません。

 具体的に、

 「 あ、今は緑フレームの戻りを実質的あるいは正しいタイミングで形成している所だな。」

 「 あ、この値、この足のこの瞬間に緑フレームに対しての戻りが入って修正波が<発生>したから売っていこう 」

 となる訳であってレンジ相場等という曖昧な言葉は出番等ないのです。

 

 ・ 結果論をトレードに持ち込まない

 ・ トレードにおけるあらゆる事においてその把握は最速であるべきである

 ・ つまりそれは一つ一つを具体的に定義していく必要がある

 

 

◎レンジ相場という言葉を使う人を私は信用しない、

 dd98a9a89c10a88b9e3dd52cce6f12b2

 先にお伝えしておくとこれはあくまでも私の考えであり意見だという事。

 今回の内容は特定個人を批判している訳ではありません。

 勘違いして欲しくないのはよく理解が追いつかない事に対して「わからない」から

 意味不明と断じる方もいますが今回の話はまったく違います。

 年がら年中誰彼構わず自分が理解できない事すべてに批判を繰り返している方がいます。

 批判はするけど指摘ができない。これ程までに情けない批判の姿があるでしょうか?

「 僕にはなんだかよくわからないから批判、批判と。」自分で考える頭を持たない人は

 情報に振り回されやすい現代においては特に冷笑に伏されるだけだと私は思います。

 

 今回のレンジ相場という言葉を例にお話しをしてきた事というのはそうではなくて、

 逆に「もっとよくわかり説明できる事」を「わからない」からといってレンジ相場などという言葉を

 使うべきでないというお話しです。わからないならわからないと発信すべきである。

 でなければレンジ相場という曖昧な言葉がまた初心者の方の頭の中に「当たり前の知識」として

 配置されてしまう事になるわけです。

 

 まず何が必要でそれを実現するためには何が必要で、何を定義し優先的に構築すべきか考えるべきです。

 時間は有限でお金では買えない貯金もできないいずれ消えゆく価値ある儚い資産です。

 何かに取り組むなら逆算的に考えて根本的な部分から取り組んでみてはいかがでしょうか。

 もっとも信用できる情報はあなたの頭で考え、あなたの目を通して確認してきた物です。

 自分でトレードルールを構築されようとされている方は是非その事を忘れないで頂ければ幸いです。

 

 高 山

 次回更新予定の無料記事は、

  LINK ➡(仮)『「最速を意識したルール作り」先行指標を念頭にトレードは構築しなければならない。 』

  ※更新時リンクはアクティブになります※

 想定に裁量を持ち込まない。

 エントリーのその瞬間、直前までは前提に基づき淡々と想定を立てる。

 そこから漂い揺らいでしまったらその先すべてが曖昧になる。

あなた1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。