【FX】レンジ相場を存在しないと主張する私のシンプルなトレンドの定義

当ブログはスマフォ用に編集しておりません。PC画面での閲覧を推奨

□ 本日のテーマ □

 レンジ相場は存在しない

 という立場を主張する私の

 シンプルなトレンドの定義について。

 

□ はじめに □

 私は以前、FX初心者向けの記事の一つとして

 レンジ相場は存在しないという記事を投稿しました。

CLICK ➡ 「 レンジ相場は存在しない。曖昧な言葉がトレードに混乱と間違った認識 」

 レンジ相場が存在しない理由や考え方は上記記事で確認下さい。

 なぜFX初心者・投資初心者向けとしてこの記事を書いたのか?

 それは早い段階で触れる情報がもたらす固定概念形成という

 負の作用に対して早い段階で手を打ち

 そこにある矛盾に気づくべきと考えているから。

 何度もお伝えしている言葉ですが、

「 常識を信じる理由が常識だからではいけない 」

 そんな主張を持つ私のトレンドの定義について本日は触れていきます。

 又、私のトレンドの定義が正解かどうかについても言及して行きます。

 一般的なダウ理論やエリオット波動論、サイクル理論等、

 他のチャート上のトレンドの認識方法の違い等の理解がある場合、

 それと合わせて何が違うのか考えながら見て下さい。

 私の主張としてダウ理論やエリオット波動論等はすべて

 ある決定的な問題点と言及すべき矛盾等を理由に

 一般読者の方へ利用を推奨しておりませんが

 その理由についてはまた別の記事にてご紹介。

 

□ 目次 □

 1. 高山のシンプルなトレンドの定義

 2. 一般的なトレンドの定義との違いについて

 3. トレンドの定義設定時に重視した事

 4. 私のトレンドの定義は合っているのか?

 5. トレンドの定義をチャート上で認識するために必要な事

 

□ 高山のシンプルなトレンドの定義 

▼ 前提となる相場モデル ▼

 レンジ相場は存在しない。

 これはつまりどういった相場モデルをイメージすれば良いのか。

 上昇トレンドが終わると直ちに下降トレンドになり、

 下降トレンドが終われば直ちに上昇トレンドが生ずるという事。

 つまりレンジ相場のような事後的に認識される恣意的な存在を

 許容せず常に値は上げ下げの連続性の中にあり、

 現在トレンドの推進・修正波いずれかの状態に明確な形で

 存在しているというモデルを想定している事になります。

 よってこの連続性を維持するために必要なトレンドの定義を

 設定している訳です。レンジ相場は存在しないという主張に

 矛盾の無い形の定義ともいえると思います。

 

【 高山式トレンドの定義 】

▼ トレンド ▼

定義:例えばその波(※1)が安値切り上げ上向きのN字を形成した状態。

 ※上向きのN字をあえて言葉で厳密に表現するとすると※

 上昇スイングから始まる3本から成る波の連続体の最も左にあるスイングの始点安値より

 三本目の上昇スイングの始点安値が高い位置にある状態のNを上向きのN字と表現する。

▼ 降トレンド ▼

定義:例えばその波(※1)が高値切り下げ下向きのN字を形成した状態。

 ※下向きのN字をあえて言葉で厳密に表現するとすると※

 下降スイングから始まる3本から成る波の連続体の最も左にあるスイングの始点高値より

 三本目の上昇スイングの始点安値が高い位置にある状態のNを上向きのN字と表現する。

※1「 その波 」という表現について

 この定義はシングルフレームの波であろうと、

 マルチフレームで見た時のどのフレームの波であろうと、

 どの時間足の波であろうと当てはめる定義は当然すべて同じです。

 「 その 」とは見ている「 どの 」波でも同じという意味で解釈を。

▼ 連続性 ▼

 上記モデルの場合、上昇トレンドの転換が下降トレンドの転換へ

 つながるため相場の連続性は保たれる事になる。

 その他のメリットと一般的なトレンドの定義との違いは当記事内別項で言及する。

 

□ 一般的なトレンドの定義との違いについて □

 私のトレンドの定義は非常にシンプルであるがその根底にある重要な

 コンプトは当記事内別の項で後述する。

 さてそのシンプルな私のトレンドの定義と一般的なトレンドの定義や

 認識方法との違いはどこにあるのだろうか?

 例えばおそらくもっとも代表的なダウ理論における上昇トレンドの定義を

 例に見ていくとしよう。

 一般的なダウ理論における基本的なトレンドの定義は

 ●上昇トレンド = 高値安値  切り上げ

 ●下降トレンド = 高値安値  切り下げ

 である。定義自体は明確なように思えますがダウ理論をもう少し掘り下げて

 行くと実際にはシングルフレームとマルチフレームの曖昧な線引きの中で

 トレンド判定が未決の状態つまりどちらのトレンドと明確に言えない状態

 が発生する訳ですね。とりあえずその点はこの記事では本筋から外れるので割愛。

 まずは単純な基本定義から見た場合私のトレンドの定義の違いはどこにあるのか

 見ていきましょう。

▼ 発生・認識点の違い ▼

 まず大きな違いはトレンドの発生・認識点の違いです。

 例えば私の上昇トレンドの定義 ➡ 安値切り上げ上向きのN字

 ダウ理論の上昇トレンドの定義 ➡ 安値高値切り上げ

 という事は図で言うと認識点の違いは以下の通り。

 例えば私の下降トレンドの定義 ➡ 高値切り下げ下向きのN字

 ダウ理論の上昇トレンドの定義 ➡ 安値高値切り下げ

 という事は図で言うと認識点の違いは以下の通り。

 つまり私のトレンドの定義におけるトレンドの認識点は一般的なトレンドの発生点よりも早い。

 例えばこれがシングルフレームの想定で考えた場合すでに走り始めた上昇・下降3波は

 入らない(角でのエントリーを検討しな中途半端な位置で飛び乗るトレーダーなら別だが)とし、

 次の4波形成をまって5波の押し・戻りで入る戦略を取る場合にはこの発生点の違いが優位に働く事は

 ないだろう。しかしそれがマルチフレームでの想定になった場合はどうだろうか?

 そこには圧倒的優位な状態が生じる事が容易にわかる事だろう。

 

▼ トレンド転換時における連続性 ▼

 すでに少しばかり先述した事ではあるがトレンド転換時における連続性が保たれる

 事も大きな違いと言えるだろう。つまり他の理論のようにトレンド判定や転換判定に

 曖昧な期間を要しないという事であり、常に上昇ないし下落トレンドのいずかの波の

 状態であると認識出来ている点。チャートは左から右へ絶え間なく流れ続けているその

 連続性のままに描写する事が出来る訳である。

 

▼ ここであなたへ問題 ▼

問題.1 次の図に描かれているN字は上昇/下降トレンドどちらだろうか?

 < 解 答 >

 図左上に書かれた前提に従うならこの状態はまだトレンドを有していないという事になる。

 三本以上の波があるが「上」向き「下」向きのNを有していない。

 つまりどちらのトレンドの定義にも該当していない。

問題.2  次の図に描かれた波から見て取れる「直近」のトレンドは何か?

 < 解 答 >

 直近上昇トレンドが正解。波末端を現値とする場合の現在地を指す表現とすれば、

 直近上昇トレンドの最高値若しくは直近上昇トレンド1波暫定高値と言えます。

 さてここでさらに上記の図に対してもう一つ問題を。

 

問題.3 問題2においてなぜ上昇トレンドの定義に該当していないのに上昇トレンドの1波と言えたのか?

 < 解 答 >

 定義とは前提(※2)とも言えます。前提とは一体何でしょうか?

 とても簡単に言えば状態を前置きする物と言えるでしょう。

 例えば〇〇なら〇〇である。それは逆にそうでないなら別の状態を示す事が出来ます。

 例えば人間の身体的な状態は男性か女性しかありません。(潜在的には多様ですが)

 この場合あなたは男性ではない。とした場合、女性という言葉を使わなくてもあなたが

 女性であると示す事が出来ますね。

 私の相場モデルでは上昇トレンドか下降トレンドかいずれかの状態しかありません。

 ですので現行トレンドの終わりは次のトレンドの発生を示す訳です。

 上昇トレンドの定義が崩壊した地点 = 下落トレンドの発生 

 下降トレンドの定義が崩壊した地点 = 上昇トレンドの発生

 

※2の関連記事(読まれる方は下記画像CLICK

 

 では実際に先程の概念図上で「 直近下落トレンド 」始点から

 転換までの過程を丁寧に確認していくとしましょう。

 ➀~③の地点がその概念図上の「現値」(立ち位置が重要)だと想定し話を進めます。

現値 = 安値切り下げ下向きのN = 下落トレンド発生地点

解説:➀の地点で下落トレンドの定義を満たしトレンド発生・認識となる。

現値 = 直近下落トレンド最安値・直近下落トレンド3波暫定安値

解説:この地点において現在、直近下落トレンドが下落トレンドとして維持されるために崩されてはいけない

   高値は緑の枠で囲った直近下落トレンド3波始点高値である。

   この3波始点高値は直近下落トレンド4波に対する値の範囲とも言える。

   「次」の上昇スイングがこの地点を抜かれてしまえば下落トレンドの定義が崩壊する。

現値 = 直近下落トレンド3波始点高値(ネック)を超えた地点

解説:③の地点において直近下落トレンドにおける定義・前提が崩された事で次の状態、つまり

 上昇トレンドの発生を認識する事が出来る。これがトレンドの定義を

 初期前提と考えた場合、その定義を満たさなくても崩されたという事実が

 もう片方の状態を示す事になり認識出来る理由である。

 ちなみにこの現値から見た直近上昇トレンドの1波を仕分けすると、

 先日投稿した基点形成(※3)の1-1だという事は一応触れておきます。

 

 又、これは今回の内容とは外れるがこの問題はチャートをどこから

 読むのかという問題についても言及出来る事になる。

 当たり前ですがチャートを開いた時にどこからどこまで

 どの順序で読むのかもルールが存在します。

 そしてこのルールは私が勝手にそう決めた訳でなく、

 物事の発生順序に沿って考えた場合そうとしか並べる事が

 出来ない形で自然と決まります。ルールとは本来そういう物。

 「 ルールは恣意的な物であってはならない。

 それは又別の機会に気が向いたら紹介致しますが、

 読み方に関する基本ルールを端的に述べると

 以下の通りになります。

 読み方ルール.1 チャート左から右へ

 読み方ルール.2 フレーム上から下へ

 読み方ルール.3  現行トレンドがN字を含むトレンドの場合そのトレンドの始点

 読み方ルール.4 現行トレンドがN字を有しない場合一つ前の確定したトレンドの始点

 このルールに対する「すべてのなぜ?」に対する言及解説は

 また私の気が向いた時に別の機会の別の記事で。

 

※3 関連記事(読まれる方は下記画像CLICK

 

□ トレンドの定義設定時に重視した事 □

 先程読み方に関して「 ルール 」という言葉を持ち出しました。

 「 その中でルールは恣意的な物であってはならない 」と述べました。

 このトレンドの定義もルールを構成する一つのパーツである訳ですが、

 私はこのトレンドの定義に関してだけではなく、

 環境認識におけるすべての項目に該当する事ですが、

 何を定義するにしろ持ち出すにしろ基本的にこう考えています。

「 相場にいものは使うな。持ち込むな。 」

「 相場という世界にる情報だけを用いる。 」

 当たり前のように聞こえるかもしれませんがそんなあなたは、

 例えばフィボナッチ、エリオット波動論、サイクル理論、一目均衡表論、ダウ理論等を

 相場に持ち込んではいないでしょうか?深く学習した事がある方たちならば

 それら理論に多くの矛盾と問いを立てる事が出来るはずです。

 それでも尚、それら理論を相場の世界に無理矢理ねじ込んでいるのだとしたら

 あなたは盲目のトレーダーと言わざるを得ないでしょう。

 相場は一つの完結した世界と考えればどうでしょうか。

 当然ですが私たちの世界に無い物を私たちは持ち出す事も利用する事も出来ません。

 膨大な映画や漫画の中でいかに魔法が当たりまえの存在として大活躍していたとしても、

 私たちが現実に生きる世界で魔法は使えません。

 例えばそういった観点から見た場合、

 フィボナッチ、エリオット波動論、サイクル理論、一目均衡表論、ダウ理論等は

 あまりに恣意的過ぎるのです。相場に無い物をチャートに押し付けすぎている。

 私のそれらすべてを相当期間かけて学習・研究を行いオリジナルツール等も

 考案した事はがありますがどうしても最初で最大の矛盾を超える理由を

 無理矢理にでもつける事が出来ずすべての理論に見切りを付けました。

 これはイメージや感覚だけの話をしているのではなく、

 論理的に説明する事が出来ますがこれはこれ自体をメインに扱った

 記事で具体的に紹介・解説しようと思います。

 話が逸れましたが私が環境認識におけるルール作りに際して

 大切にしている事は以下の通り。

 1. 相場・チャート上にある情報だけを用いる事

 2. 環境認識における高値・安値・波・トレンドは

   ただありのままを記述する事だけに留める。

   恣意的な要素を極力介入させない。

    つまりはストーリーを押し付けるのではなく、

    ストーリを浮かび上がらせる事が目的。

〇あなたへの問い〇

 本記事内容から少し外れますが時間を作って

 考えて欲しい問いをこの補足欄に一つ残します。

 あなたへ問いたい。そもそもの話、

 トレンドという概念自体が恣意的ではないのか?と思いませんか。

 私はトレンドは存在しないのではないかという真逆の視点から

 相場は上昇下降トレンドのような上げ下げのターンで動くのではなく、

 期間毎に基準を設けて動いているに過ぎないという仮説の基、

 ボラリティ予測の研究を約一年程行い非常に精度の高い

 週間予測を体系化し配信してきた経験の中で、

 この問いに対する自分なり確信を持てた一つの解答にたどり着きましたが

 これはまた別のお話。(最近の授業では生徒さんにお話ししていますが。)

 今のところ仮のタイトルは

「 作られた物と見つけられた物どちらを利用するかで

                  ロジカルトレードにおける指針が決まる 」

 そのような記事が更新される事があればあなたの答えと照らし合わせて読んでみて下さい。

 生徒さんとは授業内でお話をしましょう。

□ そもそも私のトレンドの定義は合っているのか? □

 さて他の理論を批判している立場だという事を少し先述致しましたが

 そもそも私のこのトレンドの定義は「 合っている 」のでしょうか?

▼ 逆説的に言及出来るツールを作りアプローチする ▼

 例えば「 その波の定義 」や

 例えば「 そのトレンドの定義 」が正しくなければ

 機能しないはずのラインツール等(※3)を作成する。

 

 無論その過程は仮説を立て完全な再現性を得えられるにルールを構築。

 発生・前提・解消(※4)が定義づけら再現性が確立されたツールを利用し、

 100人が100人同じ認識を持てる一貫性をもった状況・視点から観測及び検証を行う。

 もし「 その波 」及び「 そのトレンド 」が正しい物であり、

 尚且つ仮説通りにそれらのツールがポジティブなわかりやすいバイアスを

 対象となる期間や波。・トレンドにもたらすならば、

 その波やトレンドの定義は正しい可能性が非常に高いと言えるはず。

 

 このアプローチを複数の作成ツールを用いて行う事で

 確証を得ていく他なく私はそうしてきましたし、その結果と言えば

 卒業生達もレビュー(確認CLICK)で散々書いているようにそこにはわかりすい

 バイアスが確かにある非常に有効な物であるという事を教えてくれる。

 相場はそれが「正しい」とは声を出して解答してくれる訳ではない。

 だからこそ論理的に逆説的なアプローチによって確証を得るしかないのである。

 誰かに学ぶでもなく自力で理論を構築したいと試みている方へ伝えいたい事、

 前提や仮説を用いて逆説的なアプローチを用いるというプロセスは

 理論構築には不可欠な手順である事は強く強調してここに伝えて置きます。

 ちなみに例えば関連記事あるK-LINEというラインは「トレンド」と「波」の情報を取り出し、

 ツールとして用いる事が出来るラインツールであるが

 このラインは非常に強く作用する。

 しかもこのラインは「 角度 」を持っている。

 わずか数pipsのずれが及ぼす誤差は右へ向かえば向かう程誤差とは言えない大きな物となる。

 尚且つこのラインは対象となる波を特定して作用する。

 例えばいつまでも描きっぱなしのラインやいつからいつまで作用するというような定義も

 傾向も不明瞭なラインとは違う。いつから、どの波、どのトレンドに作用し、いつまで有効で、

 いつ消すのかまで厳密に定義された上で美しく機能する。

 尚且つフィボナッチ等の恣意的な要素も含まれてなく完全にその対象の波に対応した

 トレンドの構造及び発生点だけに言及したラインである。

 こういった性質を持つラインはそもそも情報源であるトレンド及び波の情報が

 正しくなければまず機能しないで有ろうことは容易に想像がつくと思います。

 この理論を公開してから約4年は経っていますが、

 そういった検証及び卒業生からのフィードバックから考えるに

 っているでしょうね。

 少なくとも恣意的な各種有名理論よりは。

 

※3 関連ツール(読む➡各画像CLICK) ※4 関連記事

FX、FX初心者、ダウ理論、エリオット波動論、サイクル理論、ライントレード、順張り、逆張り、プライスアクション、ロウソク足、ローソク足

□ トレンドの定義をチャート上で認識するために必要な事 □

 私の生徒さん、生徒さんでなくとも私のブログの無料読者さんたちなら

 もう充分におわかりですね?このトレンドの定義をチャート上で、

 100人が100人同じように描き認識するために必要な事は何か。

 

 仮にあなたが盲目的なダウ理論信奉者であっても、

 仮にあなたが盲目的なエリオット波動論信奉者であっても、

 仮にあなたが盲目手的なサイクル理論信奉者であっても、

 チャートにトレンドという概念を許容する立場で語られる

 理論を受け入れ実践するのなら、どうしても解決しなければ

 ならない問題がある。それは何か?

 トレンドを成す波一辺の定義

 波一辺を描く二点つまり高値安値の定義

 この二つの言及からは逃げれない。

 100人が100人同じ認識を持てる恣意的でなく

 相場にある物だけで構成された再現性。

 これらは理論構築【以前】に備えているべき物。

 つまりはただのスタート地点に過ぎず、

 用意していて当たり前、出来て当たり前。

 これが出来てようやく理論の体系化に臨めるのです。

 

 そこに気づけるなら「 普通 」は

 ダウ理論やエリオット波動論やサイクル理論が

 「 なぜ 」使用するに値しないか逆説的にその理由について

 わかりそうな物だが不思議とそこには「 触れず 」、

 考えなくない考えたら解決出来そうにない不都合な事実に

 目をつむる盲目トレーダーの方が圧倒的に多いこの相場の世界。

 しかし残念なら生き残れるのはその真逆、見て見ぬふりをしない

 ロジカルシンキングを実践し考える事を辞めない人たちなのだから

 皮肉な物です。常に大多数つまり大衆は間違った方向にいる。

 常に疑問を持ち、手にした疑問にはその疑問が割り切れるまで

 言及していく。それだけで大抵の問題解決というのはただただ

 時間の問題なのでは?と私は思うのだがみなさんはいかがだろうか。

 

□ 次回予告 □

 

高山

 次回は何を伝えようか。

 伝えてみたい事はたくさんあるけれど、

 伝えたところでその疑問や問題から目をそらさずに

 考えてくれる人がどれほどいるのだろうかという少々の

 諦めもあるのは本当の気持ち。

 えば、

 ウ理論、エリオット波動論を妄信する残念な人々と題した

 各種有名理論のそもそもの矛盾と言及すべき問題に触れて、

 学習すべき方向を指し示す内容の記事を描くか。

 えば、

 ラリティは予測可能か?というテーマから高精度の

 週間先出予測法を構築した過程で得た確信と新たに思う

 仮説をランダムウォーク理論と絡めて相場における基準に

 成すものへ言及し一つの可能性を示す記事を描くか。

 えば、

 100が100人同じ環境認識をという私の提供理論の

 基礎部分を無料読者向けに多少言葉を伏せつつも

 受講余裕の無い方の視点の底上げを促すような記事を書くか。

 そんな事をとりあえず検討しています。高 山

FX、FX初心者、ダウ理論、エリオット波動論、サイクル理論、ライントレード、順張り、逆張り、プライスアクション、ロウソク足、ローソク足

↓ 今日のオススメ記事 

CLICK ➡ FXサイト・ブログあるある!高値・安値が非常に曖昧な件

あなたの1日たった1のクリックで発信情報の濃度が上がります。

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。

 

 

FX、FX初心者、ダウ理論、エリオット波動論、サイクル理論、ライントレード、順張り、逆張り、プライスアクション、ロウソク足、ローソク足