相場が何をしたがっているのかを考える。数フレーム分の基点形成時の注意点【重要】<FX初心者向け>

 

― 今回のテーマ ー

 相場が何をしたがっているのかを考える。

 フレームまたぎの基点形成時における戦略・対応


 

― 今回のテーマの関連記事 ー

 ※関連記事を事前に読んでおくと理解が深まります※

  

 


hero

 

― 相場が何をしたがっているのかを考えた事はありますか? ―

 相場が何をしたがっているか…なんだか感覚めいた曖昧な話に

 聞こえなくもないですよね。しかしこれも波を描く事によって簡単に

 説明する事が出来ます。波を描く、たったそれだけの事をルール化する事で

 多くの事を言葉で語り、想定し、待って、エントリーまでつなげる事ができる。

 

 今回は『 数フレームまたぎの基点 』という状況を例にとって

 相場が何をしたがっているのかを考えるという事の一例を紹介します。

FX初心者の方、次点トレードを戦略の中心に置きたい方は是非お読みください。


 

magnifying-glass-clipart-biy5E46iL

― 数フレームまたぎの基点とは ―

 トレードを行う際、やはりやりやすい状況とそうでない状況というの物が

 あります。やり易い状況の一例で言えば基点を順々に作ってくるという事です。

 

 注意

 基点はダウ理論を背景にしなくても想定できます(※KOYAMA理論)が今回は

 ダウ理論を背景にした場合のみを基点形成として説明していきます。

 基点を順々に作ってくるという状況を図で解説していきます。

 まず以下のような状況を想定してください。

 前提

 ピンクのトレンドが緑の波の一辺を形成しているとします。

 緑のトレンドがオレンジの波の一辺を形成しているとします。

 この仮想チャートの左端最安値がすべての始まりと仮定します。

 112

 この場合、直近ピンクのトレンドの高値を現値で

 割られていますのでオレンジ3波内、緑基次点からの上昇、

 ピンクの基点想定場面となります。

 この場合、この場面に限れば崩されたトレンドはピンクのみ。

 ですので単独のトレンドが崩され、単独の次点を待っている状態と言えます。

 113

 この現値の段階でポジションを有していないのなら単純にピンクの次点を

 待つだけで良いわけですね。

 このピンク基点が形成された時点で相場がしたがっている事は

 「 ピンクの次点を作りたがっている 」という事です。

 では少しチャートを進めて見ましょう。

 114

 この状況から以下のようになったとします。

 115

 さて今回は先ほどと違ってピンクの次点形成、戻り「だけ」を見ればよい状況ではありません。

 なぜなら緑の安値(ネック)を割ったのですから相場側の目線からすれば緑の次点形成つまり、

 「 2フレームの次点形成をしたがっている 」という事ができます。

 という事は2フレームの短期的な上昇が考えられるわけです。

 「 下がったぞ!反転だ!適当にMAよりつきで入ってみよう!

 「 下がったぞ!反転だ!ストキャスが買われすぎ状態からクロスしたら売ろう!

 こんな事はまったく何も根拠がなく、認識すべきはいくつ分のサイズの戻りをつけたがっているか。

 ですので最低でも「 緑の波が引けるまでまってから 」エントリー方向へのアクションを拾っていくのです。

116

 この話は単に、次点トレード・押し目・戻り売りを狙うタイミングを待つために見る事ではありません。

 


 

― もっとも近しく起こり得るエントリーを想定 ―

 「現在見える範囲」での想定時、今後予想されるエントリーをメインディッシュや前菜というような形で

 さらに細かく具体的に考える事ができます。例えば以下のような状況を想定してみてください。

 117

 先程は一度に2フレームの基点想定を強いられる場面でしたが今回はオンレジのネックも抜かれています。

 ですので現状は「 ダウ理論を背景にした3フレームの基点形成中 」という状況にあります。

 現値があなたが「 今 」見ている現在の縦軸を示します。

 この段階でメインディッシュと前菜が見えてはきませんか?

 当然メインはオレンジの基点に対してオレンジ波が描けた時(オレンジの次点形成)から売り方向の

 ポジションを探していく3フレームの次点売買となります。

 では前菜はといえば、相場全体の意向としては「今」オレンジのネックを抜けたという事に対する借りを

 返したいわけです。つまり3フレーム分の次点形成をいれたがっているのですからむしろ直近の動きとしては

「 短期的な買い 」の目線であるという事になります。

 今回は3フレームですので2フレームの買い、もしくは3フレームの買い。いずれも短期的な想定になりますが

 それが前菜にあたると想定する事ができるわけです。

 118

 

119

 無論、本当に相場がしたがっている事など知る由もないですがトレードとは想定を立て、

 仮定と確率の中でエントリーしていくものですので前提を立てていくという事は非常に大事なのです。

 そしてまた波を描いた上で観察していれば今回お話したような「相場が何をしたがっているのか」について

 あきらなか傾向がある上でこのようなお話をしているのは言うまでもありません。

― 実際のチャートで一例を見てみましょう ー

私高山とが見えない名無しさんの会話と共にをご覧ください。

120

名無しさん
大きく上昇したぞ!ビックチャンスだ!相場にはついていけというしここは少しもどった所を押し目買いを狙っていけばいいんだな!買いだ買いだ!

高山
…オレンジ(3フレーム)の高値抜けてますよ名無しさん…。かなり上昇していますし上の時間足でより多フレームまたいだ基点にないかチェックする所ですよモシモシ。

名無しさん
MA寄り付きでポチ!今度こそポチ!ダメ元でポチ!相場についていけばいいだからこれでいいんだ!

高山
基点から遠い次点は危険だし先程もいいましたが3フレーム分の次点形成、上位足で見ると4フレーム以上の戻りが控えていますよ…モシモシ。

122

名無しさん
キタキタキター!高値も超えてきたしホールド!イッッッケーーーー!^^

高山
そこは2フレームの買いではありますが基点から遠い次点は危険ですし何より4フレーム以上の次点形成が…

123

名無しさん
………。

高山
もう切りましょう。買い方向へは次点形成が終わってから入りなおせばいいんですから。今なら建値で逃げれますよ。むしろ高値更新した後なのですから今後短期的に売っていけるチャンスがありますし切るべきですよ。

名無しさん
………。

124

名無しさん
あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”あ”!

高山
……。

名無しさん
きっと上がる。相場についてく。STOP引き下げよう…。

高山
……。

127

名無しさん
MY LIFE 損切。

高山
こんな事にならないように数フレームまたぎの基点形成は気をつけてその背景を背にした前菜、メインディッシュを想定した上でエントリーしましょう。


― 乖離と回帰を含めて解説するなら ー

 この現象を乖離や回帰で説明する方も稀におります。

 乖離・回帰は相場の数少ない原則に近い傾向であるわけですのでこれは無論一理あります。

 ありますがでは何に対して乖離が埋まった、回帰したと見るのでしょうか?

 移動平均線ですか?それも確かに言えるでしょうが期間設定はどうされるのですか?

 その気になれば1MAでも1000MAでも作れてしまうMAの設定をどうされますか?

 理屈としてそれがあったとしても認識する術が無いのであれば実務として利用するには

 少々厳しいでしょうね。波を描く事ができれば少なくともその波が描ける要件が満たされるまでは

 手を出さないで済むわけですし描けた=最低限の戻りが入ったと言えるわけですから少なくも

 目線が定まらないという事はないわけです。


 

― 理想的な基点形成のパターン ー

 ここまでの内容ですでに理想的なパターンがなんとなく想像できているかと思います。

 理想的な基点形成のパターンというのは1フレームないし2フレーム程度の基点を順々に

 つけてくるパターンです。

 132


 

― まとめ ー

  数フレームまたいだ基点形成は注意する

 ・またいだ分だけの次点形成を相場が作りたがってると見る。

 ・その背景を確認する事でメインの前の短期ポジションを拾っていく事ができる。

 ・乖離・回帰は波を描く事で曖昧さを減少させ余計なポイントでアクションを起こさない。


 

― 最後に ー

943d18ab17ee71438046b8bd1f8fd478

 又、今日紹介したような数フレームまたぎの基点形成時には

 私の大嫌いな言葉「レンジ相場」が形成されやすい状況になります。

 当然ですね。大きく推進した左スイングに対しての修正波形成の中のトレンドが

 続くわけですから。しかしだからといってレンジ相場とひとくくりにしたりせず、

 今どのサイズの波の形成過程の中にいて、あとどのくらいの時間がかかりそうだなと

 より具体的に把握しておくべきです。レンジ相場等存在しない。

 レンジ相場というような曖昧な言葉を使う方には注意した方がよろしいかと思います。高山

 

 関連記事

 ~レンジ相場は存在しない?相場の理解が無い発信者を一発で見極めるキーワード~準備中~

 

 役に立ったという方、更新頻度を上げて欲しい方、

 内容の濃度を上げて欲しい方は応援・シェアをお願い致します。

 更新頻度や記事の濃度に反映させて頂きます。

にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

 Twitterフォローブログ右側よりお願い致します。
 色々とつぶやいております。